Home > 05 今日のみことば -中高科スタッフによる- > ヨシュア記7章

ヨシュア記7章

「立て。あなたはどうしてそのようにひれ伏しているのか。」10節

 エリコを攻略したヨシュア率いるイスラエルの民。しかしアイとの戦いでは敗走を体験します。今まで主はヨシュアたちを確実に導いてくださったにもかかわらず、敗北を経験したときにでてくる言葉は「ここに来なければ」「あんな選択をしなければ」「あの時こうしていたら」・・・。ヨシュアがあくまで神様の御名のために心を砕いていることには驚かされますが、やはり彼も気落ちしているのです。

 しかし、主は「立て」と言ってくださいます。そして罪を示し、悔い改めるべきことを示し、それを経て回復させてくださるのです。人は罪の中にいるうちは神様と向き合うことが出来ません。だいたいのところは神様を信じている、といっても握っている罪があれば真っ直ぐに神様に向くこともできませんし、平安もありません。

 そんな私たちを神様は、憐れみによって悔い改めに導いてくださるのです。十字架と復活によって罪を赦され、神様に真っ直ぐに向き合い神様と共に歩む以上のことはありません。それを握っていさえいれば、私たちは苦難の中でももう一度立ち上がれるのです。  

T・S

Home > 05 今日のみことば -中高科スタッフによる- > ヨシュア記7章

Search
Feeds

Return to page top