Home > 05 今日のみことば -中高科スタッフによる- > 詩篇17篇

詩篇17篇

「私を、ひとみのように見守り、御翼の陰に私をかくまってください。」8節

 ダビデはこの祈りの中で神さまに訴えています。それは「まわりの人々は自分のことを誤解し、攻撃してきます。でも私はいつもみことばに従い、正しく歩みたいと願っています。 どうか主よ、あわれんで、私を守り助けてください。」という思いです。

 神さま、私たちも時に人から誤解されたり、中傷されて傷つくことがあります。 でもあなたは私たちのすべてをご存じです。いつもあなたの懐に飛び込んで、あなたに信頼して慰めをいただくことができますように。主の十字架によって、私たちにあなたとの親しい交わりが与えられましたことを感謝します。どうか私たちの日々の歩みが、その恵みに応えるものとなりますように。

Y・H

Home > 05 今日のみことば -中高科スタッフによる- > 詩篇17篇

Search
Feeds

Return to page top