Home > 05 今日のみことば -中高科スタッフによる- > 創世記46章

創世記46章

「もう今、私は死んでもよい。この目であなたが生きているのを見たからには。」30節

 ヨセフ物語の中でのヤコブの言葉は「死」と関係するものが多くありました。それはヨセフが死んだと思い込んだことや(37:35)、ベニヤミンも失う恐怖(42:38)を前にしての絶望をあらわしていましたが、ヨセフが生きていることがわかると希望が芽生え(45:28)、今日の箇所に至ります。絶望でしかなかった死が、希望につながっていったのです。 

「主よ。今こそあなたは、あなたのしもべを、みことばどおり、安らかに去らせてくださいます。私の目があなたの御救いを見たからです。」ルカ2:29-30 

 イエス様の誕生を待ち望んでいたシメオンの言葉です。誰にでも必ず訪れる死ですが、十字架と復活の救い主イエス様に出会ったものにとっては絶望ではなく、それを見据えて、残されている人生を勇敢に歩む希望の旗印となるのです。

T・S

Home > 05 今日のみことば -中高科スタッフによる- > 創世記46章

Search
Feeds

Return to page top