Home > 05 今日のみことば -中高科スタッフによる- > 創世記44章

創世記44章

「ですから、どうか今、このしもべを、あの子の代わりに、あなたさまの奴隷としてとどめ、あの子を兄弟たちと帰らせてください。」33節

 末っ子のベニヤミンだけを奴隷にして他の兄弟たちは父のところへ帰りなさいと言うヨセフに、ユダはそれだけはやめて欲しいと懇願し、父ヤコブのことなどを説明します。 ベニヤミンをエジプトに連れて来るときに、ヤコブは嫌がり、ベニヤミンをも失ったら悲しみのあまり死んでしまうと言いました。ユダはそんなヤコブに、ベニヤミンの保証人となって、彼を連れて帰れなかったらその責任を負うと約束して出てきました。

 ユダはこれ以上ヤコブを悲しませたくありませんでした。それは自分たちが犯した罪のために、ヨセフがいなくなって悲しみに暮れる父を見てきていたからかもしれません。 ユダは、自分をベニヤミンの身代わりにして欲しいとヨセフに懇願します。

 神様は、ユダたち兄弟がヨセフを売り渡した咎をあばかれ、彼らに悔い改めるチャンスを与え、そして悔い改めたユダにこのようなベニヤミンやヤコブに対する大きな愛を与えてくださったのです。 私たちの罪の身代わりとなって下さったのはイエス様です。自分が罪ある者だと神様の前で告白し、悔い改め、イエス様の愛を覚えて感謝しましょう。

H・M

Home > 05 今日のみことば -中高科スタッフによる- > 創世記44章

Search
Feeds

Return to page top