Home > 05 今日のみことば -中高科スタッフによる- > 第二ヨハネ

第二ヨハネ

「愛とは、御父の命令に従って歩むことであり、命令とは、~愛のうちを歩むことです。」6節

 命令という響きからは、義務や束縛といったものを感じ取ることもあるかもしれません。しかし聖書がいう命令とは、愛のうちを歩むこと。教会を、他者を、そして神様を本気で愛する時に私たちは自分を考えなくなります。そしてそこには、束縛でも義務でもない自由な喜びの関係があるのです。

 問題は、私たちが愛せるのかということです。一度徹底的に他者を、神様を愛そうとしてみればわかります。自分の愛にはいつも損得勘定がついてまわることを。いつも見返りを求めていることを。敵を愛するだなんてとてもできないことを。自分自身を愛せる、でも他者は愛せない。これが私たちの現実です。

 あきらめる前に、十字架を見上げましょう。誰も心から愛することができない私たちを救うために、私たちを愛し抜いて十字架にかかったイエス様を見上げましょう。いのちを投げ出す程私たちを愛してくださった方の前で私たちの愛のなさ自己中心を悔い改めるときが、私たちが神と人を愛し始めるスタートラインです。

T・S

Home > 05 今日のみことば -中高科スタッフによる- > 第二ヨハネ

Search
Feeds

Return to page top