Home > 05 今日のみことば -中高科スタッフによる- > 創世記16章

創世記16章

「そこで彼女は自分に語りかけられた主の名を『あなたはエル・ロイ』と呼んだ」13節 

 主人の子をみごもり、女主人を見下したハガルと、結果ハガルをいじめて追い出してしまうサライ。私たちの弱い心、罪が見え隠れします。しかし主は、さまようハガルの名を呼び、あなたはどこから来て、どこへ行くのか、と問いかけられます。それは問いのかたちでのハガルへの導きであり、これからすべきこと、つまり女主人に謙遜に仕えることを示してくださいます。

「主よ。あなたは私を探り、私を知っておられます―。あなたは私の歩みと私の伏すのを見守り、私の道をことごとく知っておられます。」詩篇139篇 

 主は私たちの人生を「ご覧になる神様(エル・ロイ)」です。神様は人知れず悩む私たちの名を呼び、私たちを顧みてくださる方です。立ち返るべき場所があるならそれを示し、悔い改めへと導いてくださる方です。そんな神様が私たちをご覧になっている。これほど大きな励ましは他にあるでしょうか。

T・S

Home > 05 今日のみことば -中高科スタッフによる- > 創世記16章

Search
Feeds

Return to page top