Home > 05 今日のみことば -中高科スタッフによる- > エゼキエル書43章

エゼキエル書43章

「人の子よ。ここはわたしの玉座のある所、私の足の踏む所、わたしが永遠にイスラエルの子らの中で住む所である。」7節 

 かつては神の栄光が神殿を去る幻を見たエゼキエル。今は神の栄光が神殿に戻ってくる幻を見ます。人が建てた神殿に神がお住みになるとは、とても不思議なことに聞こえます。しかしそれは神様のスケールが小さくなることではなく、栄光に満ちた神様が人の声に耳をかたむけ、関心を持ってくださり、人格的な交わりをもってくださるということです。 

「あなたがたは神の神殿であり、神の御霊があなたがたに宿っておられることを知らないのですか。」1コリント3:16

 神殿に求められたのは、きよめられること。同じように僕たち自身が罪を悔い改めて神様の前にへりくだる時、神様は私たちをきよめ、私たちの内に住んでくださいます。そして、悔い改めさえも神様の導きだったことを知るのです。

 平凡な僕たちの毎日に、神様が共にいてくださる。御言葉を思い起こさせ、導いてくださる。それを意識し、感謝して生きてこそ、苦難のときも神様により頼んで踏み越えて行けるのです。

T・S

Home > 05 今日のみことば -中高科スタッフによる- > エゼキエル書43章

Search
Feeds

Return to page top