Home > 05 今日のみことば -中高科スタッフによる- > エゼキエル書40章

エゼキエル書40章

「彼は私に言った。『この南向きの部屋は、宮の任務を果たす祭司たちのためであり、北向きの部屋は、祭壇の任務を果たす祭司たちのものである。』」45-46節 

 主はエゼキエルに新しく再建されたエルサレムの神殿の幻を見せてくださいました。 そこで御使いと思われる人が、エゼキエルを神殿の中の色々なところへと連れて行ってくれます。 いけにえのために使われる道具や、祭司たちの部屋も見せてもらいました。

 エゼキエルは主の神殿のために仕える祭司だったので、この光景をみて感慨深いものがあったと思います。主は再建された神殿を彼に見せることによって、主とイスラエルの民の関係の回復を知らせたかったのではないでしょうか。 それと同時にエゼキエルに新しい希望を与えたかったのではないでしょうか。 主はこの幻を見せることによって彼を励まされたのです。 

「わたしはあなたがたのために立てている計画をよく知っているからだ。-主の御告げ。-それはわざわいではなくて、平安を与える計画であり、あなたがたに将来と希望をあたえるためのものだ。」エレミヤ書29:11

 神殿は神様を礼拝する場所です。そこで私たちは神様に仕え、神様に感謝の賛美を捧げるのです。 私たちの教会の会堂建築のためにも引き続き神様に信頼し祈っていきましょう。 そして今日も私たちに平安と希望を与えてくださる神様に賛美を捧げよう。

M・H

Home > 05 今日のみことば -中高科スタッフによる- > エゼキエル書40章

Search
Feeds

Return to page top