Home > 05 今日のみことば -中高科スタッフによる- > エゼキエル書35章

エゼキエル書35章

「それゆえ、ーわたしは生きている。神である主の御告げ。-おまえが彼らを憎んだのと同じほどの怒りとねたみで、わたしはおまえを必ず罰し、わたしがおまえをさばくとき、わたし自身を現わそう。」11節

 ここで神様が"おまえ"と呼ばれいるのはエドムのことです。 神様がイスラエルを裁いたので、北イスラエル王国と南ユダ王国はとても弱っていました。 その隙をみて、エドムはイスラエルを占領しようとたくらみました。 神様はそんなエドムに対してこう言われました。

「おまえたちは、わたしに向かって高慢なことばを吐いたが、わたしはそれを聞いている。」13節 

エドムはイスラエルを憎み、あざけっていました。その言葉を神様は自分に対してのことばだと受け取られたのです。 それは今でも神様はイスラエルの神であり、イスラエルは神様のものだということを明らかにするお言葉でした。 神様はイスラエルを裁かれましたが、見捨ててはいなかったのです。

「わたしはあなたを見放さず、あなたを見捨てない。」ヨシュア1:5

 神様は私たちにもそうお語りになります。今日もいつも共にいて下さる神様に信頼して歩もう。

H・M

Home > 05 今日のみことば -中高科スタッフによる- > エゼキエル書35章

Search
Feeds

Return to page top