Home > 05 今日のみことば -中高科スタッフによる- > エゼキエル書10章

エゼキエル書10章

それら(ケルビムについている4つの車輪のようなもの)が行くとき、それらは四方に向かって行き、行くときには、それらは向きを変えなかった。・・・」11節 

 エゼキエルは幻の中でエルサレム神殿にケルビムがいて、その神殿が主の栄光で満たされているのを見ました。 ケルビムとは神の霊と共に自由自在に動きまわる生き物で、そこに神が臨在しておられることを表しています。しかし、そのケルビムは今や神殿から飛び立とうとしているのです。 民の罪ゆえに主の臨在がエルサレムから去り、神のさばきが下ろうとしているのです。 

 エルサレムの民たちのたび重なる神への罪はさばかれなくてはなりませんでした。 罪は私たちを神から引き離してしまいます。 神が共におられるなら、苦しみの中にも希望があります。 どうか神に背を向けて、罪を犯し続けるのではなく、イエス様の十字架のもとに行き悔い改めて、新しくやり直すことができますように。 

「わたしは光として世に来ました。わたしを信じる者が、だれもやみの中にとどまることのないためです。」ヨハネ12:46 

Y・H

Home > 05 今日のみことば -中高科スタッフによる- > エゼキエル書10章

Search
Feeds

Return to page top