Home > 05 今日のみことば -中高科スタッフによる- > ヨハネ1章

ヨハネ1章

「その翌日、イエスはガリラヤに行こうとされた。そして、ピリポを見つけて『わたしに従って来なさい』と言われた。43節

 宣教を開始されたイエスさまは、ご自身の弟子を着々と集められました。ピリポはイエスさまに招かれたとき、どうしてすぐに従うことができたのでしょうか。彼は、前日に弟子となったアンデレやペテロと同じ町の出身であったと書かれているので、彼らからイエスさまのことを聞いていたのかもしれません。

 また、ピリポ自身がナタナエルに「私たちは、モーセが律法の中に書き、預言者たちも書いている方に会いました。 ナザレの人で、ヨセフの子イエスです。」と言っているのを読むと、彼は旧約聖書の教えを知っており、 イエスさまにお会いした時、このお方がメシヤなのだと確信したのかもしれません。 聖書を学ぶことで、神さまがどのようなお方であるのかを知り、人がどのような存在なのかを知ることできます。 

「ことばは人となって、私たちの間に住まわれた。」ヨハネ1:14 

「いまだかつて神を見た者はいない。父のふところにおられるひとり子の神が、神を解き明かされたのである。」ヨハネ1:18 

 みことばに現されたイエスさまとの交わりを通して、私たちも「わたしに従って来なさい」との主の招きに聞き従うことができますように

Y・H

Home > 05 今日のみことば -中高科スタッフによる- > ヨハネ1章

Search
Feeds

Return to page top