Home > 05 今日のみことば -中高科スタッフによる- > ネヘミヤ記11章

ネヘミヤ記11章

「すると民は、自分から進んでエルサレムに住もうとする人々をみな、祝福した。」2節

 イスラエルの人たちはくじをひいて、10人に1人がエルサレムの町に住むようにしていました。 まだエルサレムの町は回復途中だったので、住むには危険や苦労が伴い、大変勇気のいることでした。 その中で、自らエルサレムに住むと志願した人々もいたようです。 彼らは、信仰によって全てを神様の御手にゆだね、神様の導きを信じ、喜んでエルサレムの町に住むことを志願したのです。

「信仰は望んでいる事がらを保証し、目に見えないものを確信させるものです。」ヘブル11:1 

 信仰によって決断するとき、神様は大きな祝福を与えてくださる方です。 イスラエルの民が神様に仕えるためにエルサレムに帰ってきたように、私たちも毎日、学校や職場や家庭、それぞれの場所に遣わされています。 どこに遣わされても、神様が私たちをその場に遣わしてくださったことを信じ、信仰を持って歩んでいこう。

H・M

Home > 05 今日のみことば -中高科スタッフによる- > ネヘミヤ記11章

Search
Feeds

Return to page top