Home > 05 今日のみことば -中高科スタッフによる- > 詩篇121篇

詩篇121篇

「私の助けは、天地を造られた主から来る」2節

 助けを求め、ふと立ち止まって溜息、そして空を見上げる。そんな体験をすることもありますね。

 巡礼の旅の途上、見上げれば彼方には山々、そして目指すエルサレムも見える。「私の助けはどこから来るのだろうか(1)」巡礼者はどんな気持ちで山を見上げたのでしょうか。 彼は告白します。「私の助けは天地を造られた主から来る」山から来るのではなく、その山さえ造られた創造主なる主から来るのだと。

 世界の歴史の中で私たちの人生をみるなら、一瞬で消えていく光のようなものです。しかし主は、その一瞬の光である私たちを計画を持って造ってくださいました。

 時に自然の偉大さに圧倒され、自分はなんて小さな存在であるのか、と立ちすくむこともあります。しかし主は、自然によって主の偉大さを示すだけでなく、イエス様と聖書によって私たちを罪から救おうとしてくださいました。 そんな主なる神様が、まどろむことなく私たちを守ってくださるのです。このすばらしい約束を、十字架の贖いとみことばによって受け取り、今日も歩んでいこう。 

T・S

Home > 05 今日のみことば -中高科スタッフによる- > 詩篇121篇

Search
Feeds

Return to page top