Home > 05 今日のみことば -中高科スタッフによる- > エステル記8章

エステル記8章

「どうして私は、私の民族に降りかかるわざわいを見てがまんしておられましょう。また、私の同族の滅びるのを見てがまんしておられるでしょうか。」6節 

 宿敵であったハマンは滅びましたが、ハマンが出した"ユダヤ人を滅ぼせ"という命令はまだありました。 この時エステルとモルデカイは自分たちのことだけを考えたのではなく、同じ民族であるユダヤ人のことを考えました。エステルは神様から与えられていた使命を忘れてはいなかったのです。 エステルの申し出を王様が聞き入れ、ユダヤ人たちは自分の命を守る為に、襲ってくる敵を滅ぼすことが許されたのです。 神様は最後までユダヤ人たちを見放さず、大逆転勝利をもたらしてくださったのです。 

 私たちもイエス様の十字架の死、そしてあがないによって、

「圧倒的な勝利者となるのです。」ローマ8:37 

 今日も完全な勝利者であるイエス様に目を向けていこう!

H・M

Home > 05 今日のみことば -中高科スタッフによる- > エステル記8章

Search
Feeds

Return to page top