Home > 05 今日のみことば -中高科スタッフによる- > ダニエル書4章

ダニエル書4章

「今、私、ネブカデネザルは、天の王を賛美し、あがめ、ほめたたえる。そのみわざはことごとく 真実であり、その道は正義である。また、高ぶって歩む者をへりくだった者とされる。」37節

 王の見た夢は、王が高ぶったために主によってさばかれるというものでした。王が主の支配を 認め、へりくだるならば王の繁栄が長く続くとダニエルによって勧告されましたが、王は主の前に へりくだることをしませんでした。その結果、主によってさばかれたのです。

 私たちも、順調に歩んでいる時に神様の事を忘れ、すべて自分の力によって成功していると 思ってしまうことはないでしょうか。しかし、私たちの歩みは神様によって確かなものとされていて、 恵みのゆえに生かされていることを忘れてはなりません。

 「神は、高ぶる者を退け、へりくだる者に恵みをお授けになる。」ヤコブ4:6 

  どんなときにも高ぶることなく、主の前にへりくだって歩んで行こう

M・A

Home > 05 今日のみことば -中高科スタッフによる- > ダニエル書4章

Search
Feeds

Return to page top