Home > 05 今日のみことば -中高科スタッフによる- > 詩篇119篇

詩篇119篇

「私は、あなたの戒めに思いを潜め、あなたの道に私の目を留めます。」15節

みおしえ、さとし、戒め、おきて...。詩篇119篇は御言葉をあらわすこれらの言葉が多く散りばめられています。この世で旅人として歩む私たちを、悔い改めの道、主と共に歩む道、救いの道、義の道に導くのは、御言葉に聞き従うこと、御言葉が私たちの心と行いの基準になることです。

「いのちに至る門は小さく、その道は狭く、それを見いだす者はまれです。」マタイ7:14
「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。」ヨハネ14:6

そして御言葉が導く道とは、イエス様ご自身です。「イエスを十字架につけろ!」と叫んだ私たちの救いのためにイエス様はこの受難週に十字架にかかられ、イースターに復活されます。私たちに天の御国への道を開いてくださったイエス様ご自身に目を留め応答することが、イエス様と共に歩む道のスタート地点です。

T・S

Home > 05 今日のみことば -中高科スタッフによる- > 詩篇119篇

Search
Feeds

Return to page top