Home > 03あなたへのメッセージ > 15 2011年クリスマスに

15 2011年クリスマスに

 みなさま、こんにちは。

 悩み多かった2011年も終わりに近づいています。希望に溢れて一年をスタートしたとき、このような大きな試練に見舞われると、だれが予想したでしょうか。以前テレビで見た漁師さんたちの家のにぎわいが、大波に呑まれてしまうなどと、だれが思ったでしょう。放射能を避けて家を離れた子どもたちや親たちの無念。丹念に耕し慈しんだ田畑や、どこもわるくない愛着の町を、放置しなければならなかった人々の悲しみ。これらは何によって埋め合わせることができるのでしょうか。こんなときにクリスマスを祝う気にはなれないと言う人々もいるでしょう。そのとおりです。

 しかし、それでもクリスマスはめぐって来るし、キリストの誕生を祝うクリスマスには、楽しみ以上の意味があるのです。

 第一、キリストは、そのことばとわざによって、神とともに生きる姿を私たちに示すため、人として生まれました。それによって私たちは、大いなる父であり愛と聖さに満ちた神を知り、神とともに生きることを学び取るのです。うれしいことです。

 第二、罪のないキリストは、十字架によって、私たちが受けるべき処罰を受け、私たちの罪を清算するために生まれました。ありがたいことです。

 第三、キリストは、人としての苦しみをつぶさに経験し、さらに復活によって死の悲しみへの勝利を示すために生まれました。アメイジング・グレイス(驚くばかりの恵み)です。

神はそのひとり子を世に遣わし、
その方によって私たちにいのちを得させてくださいました。
ここに神の愛が示されたのです。
(新約聖書『ヨハネの手紙第一』4:9)

 私たちは、試練を避けて通ることはできません。進路、経済、健康、事故などの戦いが、次々に外からやって来ます。さらには自分自身が不幸のもととなって家庭や人生が壊れていくことのあるのを、知らないわけではありません。試練と不幸は、外からも内からも私たちに襲いかかるのです。

 しかしながら救い主キリストが、外からの試練や悲しみをともに担い、私たち自身から出たトラブルをゆるし、ともに生きてくださるなら、私たちは新しいいのちと希望を持つことができるのです。ことしのクリスマスがそんなときでありますように。

みなさまの上に、神の祝福を祈りつつ。

川越聖書教会 牧師 岸本 紘

Home > 03あなたへのメッセージ > 15 2011年クリスマスに

Search
Feeds

Return to page top