Home > 01教会案内 > 日本福音キリスト教会連合について

日本福音キリスト教会連合について

  • Posted by: kawagoe bible church
  • 2007年1月 1日 21:45
  • 01教会案内

川越聖書教会は日本福音キリスト教会連合に加盟しています。

日本福音キリスト教会連合(Japan Evangelical Church Association:JECA)は、 次の4つ団体の教会が集まって1992年4月に設立されました。
川越聖書教会は3の単立キリスト教会連盟に所属していましたが、JECAの設立と同時に加盟しました。
 
1.リーベンツェラ日本伝道会
(宣教師派遣元:ドイツのリーベンツェラ・ミッション)
2.日本新約教団
(宣教師派遣元:米国のFEGC現SEND International)
3.単立キリスト教会連盟
(宣教師派遣元:在米スウェーデン人による宣教団体のTEAM)
4.北海道福音教会協議会
(宣教師派遣元:国際福音宣教会(OMF)【以前の中国奥地伝道団(CIM)】
 
日本の教会は、主に欧米の宣教団体から送られた宣教師たちによって始められました。
4つの団体に宣教師を送った団体について調べてみると、国際福音宣教会の前身は中国奥地伝道団であり、ドイツのリーベンツェラ・ミッションは中国奥地伝道団のドイツ支部として誕生しました。
またTEAM宣教団も、中国奥地伝道団の創始者であるイギリス人ハドソン・テーラー宣教師の熱心な呼びかけに呼応するようにして生まれた宣教団体です。
そのように信仰的な立場も、生い立ちも近い4つの団体が1つの組織となったのです。
JECAの教会は北海道から沖縄まで、全国各地にあります。
 
JECAに加盟する教会は、信仰告白に表明されているように、歴史的プロテスタントの基本教理を堅持する立場をとっております。
同じ、「福音的」と呼ばれる教会、教派、諸団体と広く協力する開かれた教会です。

Home > 01教会案内 > 日本福音キリスト教会連合について

Search
Feeds

Return to page top